本ページはアフィリエイト広告を利用しています

2歳にストライダーはおすすめ!乗り方や乗れないときに試したいことなども紹介

ストライダーの乗る2歳 習い事・遊び

ストライダーは、ペダルのないバランスバイクです。2歳から乗ることができ、バランス感覚や運動能力を養うのに最適です。でも、2歳にはまだ早いのでは?と思う人や、三輪車とどっちにするか迷う人もいるでしょう。そんな人のために、本記事では、2歳にストライダーがおすすめな理由や乗り方などを紹介。乗れないときに試してみることもまとめましたので、ぜひ試してみてください。

ストライダーとは?

ストライダーの乗る2歳

ストライダーは、ペダルやブレーキのないランニングバイクです。2007年にアメリカで生まれ、足で地面を蹴って進みます。ストライダーは、自転車の3分の1以下の重さで、2歳の子どもでも持ち上げることができます。

また、ストライダーは子どもたちが自ら直感的にバランスをとりコントロールする乗り物です。自然とバランス感覚が身につき、体幹も鍛えることもできます。

2歳にストライダーがおすすめな理由

2歳は、歩き始めてからまだ1年ほどです。まだバランス感覚が十分に身についておらず、自転車の練習をするには早すぎるという声もあります。

しかし、ストライダーはペダルがない分、自転車よりもバランス感覚を身につけるのに適しています。また、足で地面を蹴って進むため、自転車よりも運動能力を養うのにも効果的です。

さらに、ストライダーは軽量でコンパクトなので、持ち運びや収納が楽です。公園や自宅の庭など、さまざまな場所で遊ぶことができます。

2歳は三輪車とストライダーならどっちがおすすめ?

結論から言うと、2歳の子どもには三輪車とストライダーのどちらもおすすめです。ただ、どちらも子どもの成長に役立つメリットがありますが、どちらがより適しているかは、子どもの成長段階や発達状況によって異なります。そのため、子どもの成長段階や発達状況に合わせて、どちらがより適しているかを判断しましょう。

ストライダーの選び方

ストライダーは、サイズや機能など、さまざまな種類があります。2歳におすすめのストライダーは、以下の3つのポイントを押さえて選びましょう。

サイズ

ストライダーは、子どもの身長に合わせて選ぶことが大切です。身長が100cm以下の子どもの場合は、12インチサイズがおすすめです。

12インチのストライダーはこちら!

機能

ストライダーには、ハンドブレーキやサドルの角度調整などの機能が付いているものがあります。子どもが成長に合わせて長く使えるものを選びましょう。

価格

ストライダーの価格は、1万円~3万円程度です。予算に合わせて選びましょう。

ストライダーの始め方

ストライダーの始め方は、以下の手順で行います。

  1. ストライダーに乗る前に、ハンドルやサドルが子どもの体に合っていることを確認します。
  2. ストライダーの前輪を持ち、子どもを乗せます。
  3. 子どもに両足を地面につけた状態で、ストライダーを押して進みます。
  4. 子どもがバランス感覚をつかんだら、徐々に手を離します。

最初は、子どもがバランスを崩して転倒することもあるでしょう。無理をせず、子どものペースに合わせて練習を進めましょう。

ストライダーで遊ぶときに気をつけること

ストライダーの乗る2歳

ストライダーで遊ぶときには、以下の点に注意しましょう。

ヘルメットを着用する

ストライダーは、自転車と比べて転倒しやすいです。ヘルメットを着用することで、頭部への衝撃を軽減することができます。

安全な場所で遊ぶ

ストライダーは、平坦で安全な場所で遊びましょう。人や車の通行が多い場所では、事故につながる危険性があります。

保護者の監督のもとで遊ぶ

ストライダーは、子どもが自分でコントロールできる乗り物です。しかし、まだ小さな子どもの場合は、保護者の監督のもとで遊ばせましょう。

ストライダーに乗れないときに試してみること

ストライダーの乗る2歳

2歳だとなかなかストライダーに乗れない場合もあるはず。そんなときは、以下を試してみるのもいいでしょう。

高さ調節はあっているかどうか

ストライダーのシートの高さに違和感があると、上手に乗れない場合も。シートの高さは、子どもの足が地面にしっかりと付いた状態で、少しひざが曲がる程度の位置がちょうど良い高さです。
ストライダーのシートの高さを調整する場合は、クイックリリースクランプのレバーを開いて位置を動かし、固定するときはレバーを締めます。レバーを締めた状態でもハンドルが固定されない場合は、付属の六角レンチで締め込んでください。

徐々にステップアップをする

最初からストライダーに乗るのが難しい場合は、段階を経て乗るようにするといいでしょう。まずは跨った状態になることを試し、立ち歩きで進んでみる、シートに座って進んでみるのように、動作を細かく分けて、日に日に行う内容を増やして見るようにしてみましょう。

子どもの機嫌がいい時間帯に行う

2歳児はまだまだわがままを言いたい盛り。子どもの機嫌が悪い時にストライダーに挑戦しようとしてもなかなか上手くできないでしょう。子どもが眠くないか、お腹が空いてないかなど、子どもの機嫌を見て挑戦する時間帯を選びましょう。

ストライダーのメリット

ストライダーは、以下のメリットがあります。

バランス感覚が養われる

ストライダーは、ペダルがない分、バランス感覚を身につけるのに最適です。自転車の練習にも役立ちます。

運動能力の向上に期待ができる

ストライダーは、足で地面を蹴って進むため、運動能力を養うのにも効果的です。

楽しい遊びになる

ストライダーは、子どもが楽しめる遊びです。子どもの成長を促す効果的なツールにもなります。

無理せずに正しい使用方法でストライダーを楽しもう!

2歳児はまだまだ意思の疎通が難しい年齢。乗れないときや嫌がるときは無理にストライダーをやらせようとせずに、徐々に慣れてもらうようにするといいでしょう。
2歳は成長が著しい時期でもあります。ストライダーで遊びながら、バランス感覚や運動能力を養いましょう。

\ストライダーを購入するならこちら!/
タイトルとURLをコピーしました