本ページはアフィリエイト広告を利用しています

ジュニアシートはいつからいつまで?リクライニング可や人気など、おすすめのジュニアシートも紹介

ジュニアシート 子育て

子供がいて車を使用する家庭の場合、ジュニアシートの切り替え時期に迷うこともあると思います。本記事では、ジュニアシートをいつからいつまで使用するべきかの目安についてや、おすすめのジュニアシートなどについて紹介しているので、ジュニアシートの購入を検討している方にピッタリな内容です。isofix対応やリクライニング対応タイプ、3歳頃からおすすめのジュニアシートもまとめていますよ。

ジュニアシートはいつから使用するべき?

車のジュニアシートで寝る子供

ジュニアシートを使用するべき時期は、一般的にはチャイルドシートを卒業してから、身長や体格に合わせて判断されます。総合的に判断すると、一般的な目安としては3歳頃からジュニアシートを検討し始めることが多いようです。
ただ、個々の子供の成長やジュニアシートの安全性によって使用時期は異なるため、以下の要点を考慮して判断するといいでしょう。

チャイルドシートの成長適応範囲

チャイルドシートの使用範囲は新生児から幼児期にかけて広がります。チャイルドシートのベルトが子供に窮屈に感じられるようになり、シートベルトだけで安全に乗車できるようになった段階がジュニアシートへの移行のタイミングとなることが多いです。

子供の体格と快適性

子供の身長、体重、座高などを考慮して、チャイルドシートからの移行が適切かどうかを判断します。ジュニアシートは子供の座高を適切に調整し、シートベルトを正しく装着するためのものです。

シートベルトの適切な着用

シートベルトが子供の肩と腰に正しく装着できるかどうかを確認します。ジュニアシートへの移行は、子供がシートベルトを正しく使えるようになったときに行う方がいいでしょう。

製品の指示

ジュニアシートにより、使用対象の年齢や体格の指示が記載されていることがあります。メーカーのガイドラインを確認し、適切な時期を見極めるようにしましょう。

ジュニアシートはいつまで使用するべき?

車で遊ぶ子供

ジュニアシートの使用期間については、法律や規定では6歳未満の子供に対して幼児用補助装置(チャイルドシートやジュニアシート)の着用が義務付けられています。しかし、子供の成長や体格には個人差がありますので、具体的な使用期間は一概には言えません。

ジュニアシートの使用を法的な要件だけでなく、子供の安全性と快適さを考えて判断することが重要です。一般的には以下のポイントを考慮しながら、ジュニアシートの使用を検討することが良いでしょう。

身長と体重

ジュニアシートからシートベルトだけの使用に切り替える際、子供の身長や体重がシートベルトを安全に着用できる範囲に達しているか確認しましょう。一般的に、シートベルトの安全な使用にはおおよそ140cm前後の身長が必要です。

シートベルトの位置

シートベルトは肩と腰の正しい位置に装着する必要があります。子供がシートベルトを正しく装着できるような位置に達しているか確認し、シートベルトが首や腹部を圧迫しないか注意深く検討しましょう。

シートの適合性

車のシートやシートベルトのデザインによって、子供の成長に合わせた適切な座席が異なる場合があります。ジュニアシートやシートベルトの適合性を確認して、最適な選択をすることが大切です。

子供の快適さと安全性

子供がジュニアシートを使っている間、快適で安全な乗車環境を確保することが重要。子供がシートベルトだけで過ごすことによって不快感や危険が生じることは避けるべきです。

アイソフィックス(ISOFIX)ってなに?

アイソフィックス(ISOFIX)は、自動車のシートとチャイルドシートを固定するための国際的な標準規格です。これによって、チャイルドシートを簡単かつ確実に車の座席に取り付けることができるようになります。ISOFIXは、シートベルトを使わずにチャイルドシートを固定する方法として導入されました。
もし、自家用車がISOFIX対応なのか確認したい場合は、後部座席を確認してみてください。後部座席に「ISOFIX対応」のタグがある場合、その車種はISOFIXに対応しています。また、2012年7月以降に製造された新車は、ISOFIX取付金具の装備が法律で義務付けられているので、車の製造日を確認してみるのもいいでしょう。

ブースターシートってなに?

ブースターシートは、子供の身長が車のシートベルトを適切に着用できるようになるまでの間、座面を高くする補助装置です。子供の体格や成長に合わせて、シートベルトを正しい位置に装着できるよう補助する役割を担っています。

\おすすめのジュニアシートはこちら/

一般的には、6歳以上から車のシートベルトが適切に装着できるようになるまでの間、ブースターシートを利用することが推奨されています。

ジュニアシートおすすめ5選!

さまざまなジュニアシートが販売されているので、どのジュニアシートにするか迷ってしまうこともあるでしょう。選びやすいように、おすすめのジュニアシート(ブースターシート含む)5点まとめて紹介します。

西松屋で購入できるジュニアシート

おすすめポイント
  • ISOFIX取り付け金具がなくても3点式シートベルトでほとんどの車に取り付けが可能
  • 3歳頃〜11歳頃まで長く使える
  • カバーは取り外して洗濯が可能なので清潔感を保てる
サイズW450×D450×H680(mm)
素材ポリエステル・HDPE樹脂
\総合評価(2023年6月時点)/

ジュニアシート ブースターシートタイプ

おすすめポイント
  • 簡単に着脱できるカバー
  • カラーバリエーションが豊富
  • 洗濯機でカバーの丸洗いができる
サイズ(約) 幅35×奥行35×高さ11 cm
素材表/ポリエステル、中/ウレタン、本体/HDPE樹脂
\総合評価(2023年6月時点)/

ジュニアシート isofix対応タイプ

おすすめポイント
  • 国際的な安全基準を満たす、Eマークを取得している。
  • 軽くて収納簡単なコンパクトサイズ
  • メーカー保証が1年付いている
サイズ横46cm 奥行き41cm 高さ20.5cm
重量2.6kg
\総合評価(2023年6月時点)/

3歳頃から使用できるジュニアシート

おすすめポイント
  • 背もたれを外して座面部のみの使用も可能
  • 便利な収納式カップホルダーが付いている
  • ヘッドサポートは高さ調節が6段階、アームレストは2段階で調節可能。
サイズ40 x 40 x 82 cm
重量3.8 kg
\総合評価(2023年6月時点)/

リクライニング可能なジュニアシート

おすすめポイント
  • 可動式ヘッドレスト。従来品より細かい段階調節(6段階)が可能になっている
  • 頭から座面まで22個のエアーホール機構で通気性抜群
  • クルマのシートに合わせてリクライニング(5度~20度)ができる
サイズH660*W430*D405mm(ヘッドレスト最低位置時)
重量4.1kg
\総合評価(2023年6月時点)/

ジュニアシートの人気ランキングをチェック!

ジュニアシートの人気商品をチェックしたいなら、当サイト編集部が独自調査したジュニアシートのオリジナルランキングがおすすめ。人気商品が分かるので、ジュニアシート選びの参考になるでしょう。

ジュニアシートのオリジナルランキングはこちら!

また、ジュニアシート選びの参考に、楽天・Amazon・ヤフーショッピングで人気ランキングを確認してみるのもいいかも。下記のボタンからチェックできますよ。

また、当サイトではジュニアシートのおすすめオリジナルランキングも紹介していますので、ぜひ参考にいかがでしょうか?

おすすめ
ジュニアシートに乗る子どもたち
ジュニアシートのおすすめの人気ランキング!isofix対応の1歳や3歳から使用できるタイプも
ジュニアシートのオリジナルランキングを紹介

タイトルとURLをコピーしました